読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おでかけメモ

おでかけした時の覚え書き。最近はおでかけできない時の覚え書きもあります。

あついけど散歩/突然の連携プレー、熱中症にご注意/きになる詩集/一日のふりかえり

 

先日のできごと。

 

△▼△▼△

 

36度の町田市。

息が苦しくなるような圧迫感のある暑さ。

 

 

一日中室内でゴロゴロしていたかったけれど、M氏がまんの限界で午後三時すぎにお外へ。

 

 △▼△▼△

 

駅前の横断歩道渡ろうとしたら、向かいの道ですわりこむおじいちゃんが視界にはいる。膝をついて、手をついて、「おおお」と声が聞こえる。まずいぞ。熱中症かな、救急車をよばなくちゃ。

 

んん、

信号が赤なのでわたれずもどかしい!

 

とおもったら近くを走っていた車が急停車。なかからお兄さんが携帯片手にでてきて、連れのお姉さんに「駅前の交番行ってこい」と指示。

 

信号がかわる。

おじいちゃんの横につくと、すごい汗。

意識はある。目も焦点あってる。

 

わたしは声かけつつ、おじいちゃんの体勢を立て直す。

タオルで汗をぬぐいつつ、声をかける。

 

お兄さんが救急車を要請。

 

様子をみていたおばさんがかけつけて、つめたい水をもってきてくれる。

ちょっとずつ、飲んでもらう。

 

交番にいっていたお姉さんが帰ってくる。

おまわりさん、タイミングわるくパトロール中で留守。

 

みんなで救急車を待つ間、

向かいのカフェのひとがぬれたタオルを持ってきてくれた。

おじいちゃんのくびにかける。

 

自転車でたまたま通りすがった介護センター職員のひとが身元を確認する手配をとってくれる。

 

そうこうしているうちに救急車がくる。

救急隊員におじいちゃんを託して、ほっと一息。

 

乗り込んだのを確認した後、

居合わせたみんなが顔をあわせて

「よかったですね」

「ありがとうございました」

「それでは」

と声をかけあってそれぞれ道に着きました。

 

おじいちゃん倒れてから

救急車にのるまで

たぶん15分ぐらい。

 

すっーと人があつまって、

役割をはたし、

さっていった。

 

 △▼△▼△

 

(突然の出来事にあたまの処理がおいつかず)

 

(その時の状況を脳内リプレイして確認しているのがわかる)

 

(呼吸もあさいし、胸もポンプ音がすごい)

 

 

 

△▼△▼△

 

  

 

つくし野駅前のコミュニティセンターで一息。

 

f:id:i03182km:20160810225352j:image

 

冷房が効いていて涼しい。

 

靴をぬいであがれるスペースがあるので、子連れにやさしい休憩スポット。

 

本棚には絵本や児童書、小説も。

 

そのなかからみつけた詩集。

 

サトウハチローの『おかあさん』

 

ひきこまれるも、ゆっくりはよめず。

 

またもどってこよう。

 

 

  △▼△▼△

 

耳の遠いおじいちゃんに

「お名前は?」

と何回もきいたけれど

自分は名乗らなかったな・・・

ということが気がかり。

 

(そんなに緊迫していなかったし)

(もっとおちついて対応できればよかったな)

(一方的すぎてごめんなさい)

 

失礼をゆるしてください!